ダイレクトレスポンスマーケティング

ダイレクトレスポンスマーケティングは最強!一生使えるスキルを学ぼう!

ダイレクトレスポンスマーケティング(Direct Response Marketing:以下 DRM)という言葉は聞きなれないと思いますが、至ってシンプルな仕組みです。

私はこの仕組みを利用することで、利益を大きく伸ばすことが出来ました。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングは仕組み化で自動収益!

仕組みをつくりあげる時こそ労力を掛けましたが、一度仕組みをつくり上げてしまえば自動で収入を得ることも出来るようになります。

それまでは日銭を稼ぐのに必死に作業していましたが、DRM を始めたことで、朝起きてメールをチェックしたら6万円の売上通知が入って良い目覚めと思っていたら、その日のうちに30万円売り上げたり、友人とお酒を飲んでいる間に20万円売上ていたりと今までに無いようなお金の入り方をするようになりました。

今でこそ日に数十万円入るということも体験出来るようになりましたが、DRMを始めたばかりの頃は、今考えるととても非効率なことをしていました。

やることの意味合いや役割を理解していない状態で、ただガムシャラに見様見真似で取り組んでいました。ただ、それでも翌月には DRM だけで月10万円以上を達成出来たのでDRMはすごい威力があると感じたんです。

そして、そこから試行錯誤することで、月48万、月62万、月81万と収入を増やしていき、そして今では寝ている間や遊んでいる間に数十万円の売り上げが上がることが体験出来るようにもなりました。

DRM はお金が入ってくる仕組みづくりをしてしまえば、あとは勝手に報酬が発生します。

まさに、こちらの記事で紹介した金持ち父さん貧乏父さんの B クワドラントです。

 

DRMは日常でも使用されている?

DRM には、物やサービスを売る為の『心理学』や『マーケティングスキル』がたくさん盛り込まれています。

「自由自在に人の心理を操り、購買意欲を上げる」というと、なんかうさんくさいかもしれませんが、冗談抜きにそれらのスキルが必要なので、取り組むとそれらを身に付けることが出来ます。

DRM は元々アメリカ発祥のマーケティング手法で、当初は物理的に限界のある小売店の商圏を広めるのには打って付けの手法として、通販業界を中心に広まり、現在まで100年続いている手法です。

インターネットが普及し、もはや生活の一部となっている現代では、さらに市場規模が拡大し、個人でも数億円以上を産み出す手法となっています。

100年にも渡って通用しているという、この DRM こそマーケティングの本質ともいえ、ネットビジネスを行う最終ゴールはここにあると私は考えています。

 

DRMを学べばビジネスオーナーを目指せる!

ネットに限らず様々な副業がありますが、それらは S クワドラント(自営業)の域を脱せません。

ですが、DRM のスキルを身に付けさえすれば、S から B クワドラント(ビジネスオーナー)へランクアップすることが可能です。

つまり、自分で動かなくても収入が入ってくる状態。

『権利収入』を得られるようになるということです。

毎日ブログを書いたり、YouTube に動画をアップするよりも、はるかに少ない労力で、さらに大きな報酬を得ることが出来ます。

 

ただ、もちろんいきなり何の知識もスキルも無しにDRMを始めるというのはオススメしません。

売るものが無ければ出来ないですからね。

いきなりBクワドラントにはいけません。当然です。

 

ネットビジネスを副業で始める方の多くは、ネットビジネスを甘く見ていていきなりBクワドラントを目指そうとするから挫折してしまいます。

まずはSクワドラントです。ここで自身のスキルをお金に換えるというのを一度経験してからBクワドラントへステップアップするのが現実的で一番の近道と考えています。

散々、ダイレクトレスポンスマーケティングの魅力を伝えてきましたが、まずはネットで副業を始めようとするなら、一番最初にオススメするのは『ブログ』です。

ブログで成果を出し、DRMにステップアップしていきましょう!

そうすれば、上で紹介したような状態が狙えますよ☆